虫歯も歯周病も予防できる疾患です

近年、予防歯科という言葉が出てきました。それは虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、そのようになる前に予防的に処置することによって口腔内を健康に保つ考え方です。
今のお口の健康を失わないように守り通すことは、老後も自分の歯で美味しく食べられることを意味し、そのことは非常に高い価値があると思います。
当医院では予防歯科に力を入れており、PMTCと呼ばれる歯のクリーニング方法によってバイオフィルムと呼ばれる歯に付着する細菌の膜を破壊、歯面を滑沢にすることにより虫歯予防や歯周病の予防改善を行います。歯質の強化だけでなく歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つことができます。お口の健康を守る為、数ヶ月ごとのペースで歯科衛生士がクリーニング致します。(なるべく定期的に来院して頂くことをお勧めします)

P.M.T.C.(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

専門の歯科衛生士により、さまざまな器具と数種類のフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)を除去していく方法です。歯の表面がツルツルして気持ちいいばかりではなく、プラークに含まれる雑菌を落とすことにより、むし歯や歯周病予防の効果があります。
当院では、EMS社製の「エアフロー・マスター・ピエゾン」という最新の機器を使用しております。現存する機器のなかでもっとも歯肉への負担が少なく、より振動が少なく、エアーフローにより超微細なアミノ酸を高圧噴射することで歯根表面にこびり付いたバイオフィルムを短時間で取り除くことができます。アミノ酸は非常に微細な粉末のため、無麻酔でも痛みを伴いません。これにより歯ブラシでは難しい、歯と歯茎の境目(歯周ポケット)の細菌の塊(プラーク)も細かく磨き上げて汚れを取り除くことができます。

エアフローマスターピエゾン機器写真(1)EMS社製エアフローマスターピエゾン

PMTC写真(2)

虫歯リスク(なりやすさ)を知る

虫歯や歯周病になってしまう原因は人それぞれ違います。その方のもっている危険度(リスク)を明らかにし各々にあった予防法をみつけます。
以下の試薬(デントカルトSM)と機器(カルチメイトIII)を使って虫歯菌の数を調べ、リスク判定をします。

デントカルトSM

カルチメイトIII

唾液中とプラーク中からのミュータンスレンサ球菌を青色コロニーで視覚的にとらえることができます。

ミュータンスレンサ球菌

細菌を見る

口腔内には500~700種類の細菌が生息しています。こうした口腔内細菌が 歯周病 や 虫歯 といった歯を失う原因となっているのです。当医院では希望する方には以下の位相差顕微鏡を使用して実際にプラークを採取して口腔内細菌の種類や量等を観察します。

細菌を見る - イメージ写真

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛み合せにある溝をプラスチックで埋めることで、事前に虫歯を予防する方法です。特に生えたての永久歯の噛む面には、深い溝があり虫歯のできやすいところです。この溝をシールをして虫歯を予防します。シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。ただしこのシールがはがれることもありますので定期的な検診をおすすめしています。

フッソ塗布

フッ素は歯の質を強くする自然元素のひとつです。歯に塗布することで、歯質を強化し、虫歯に対する抵抗力を高める薬で、乳歯や生えたばかりの永久歯に非常に効果的です。短時間で終わる為、小さなお子さんでも塗布する事が可能です。フッ素は定期的に塗布することによって、最大限の効果を期待できます。

ホームケア

予防の一番の基本は毎日のブラッシングによるケアに他なりません。自宅で患者さんご自身が、フッ素入りの歯磨剤で毎日磨くことが大切です。歯ブラシの種類や、磨き方などは歯科衛生士がご指導いたします。さらに歯間ブラシやデンタルフロスなども使用して汚れを取り除くことも大切です。
以下、当院で扱っている主な清掃用具、歯磨剤と洗口剤です。

TIME & ACCESS

診療時間

【火~金】

9:30~13:30 / 15:00~19:00

【 土 】

9:30~13:00 / 14:00~17:30

住 所

静岡県熱海市福道町3-15ウェルネスビル 3F

JR伊東線 来の宮駅前

詳細を見る