一般治療(虫歯や根管治療)

虫歯治療

虫歯治療では歯を削った大きさに合わせてプラスティックを詰めたり、金属やセラミックでできたものをはめ込んだり、被せたりします。

根管治療

歯の根の中には、神経、血管、リンパ管などが通っている「歯髄」と呼ばれるとても細い管があります。
虫歯が進行してしまい、虫歯菌が神経に到達したり、外部からの刺激によって根の中の細い管に感染が進んでしまった場合には、感染歯髄を取り除き、根管内をきれいに消毒して、すき間なく薬剤を詰める治療を行います。そのような治療を「根管治療」と呼びます。
根管は大変細かく複雑な構造になっており、根管治療は大変難しい治療です。当院では根管治療時に必要であれば何時でもマイクロスコープを利用して細心の注意を払い高精度な治療に心掛けております。

マイクロスコープ(歯科用手術顕微鏡)とは?

顕微鏡を使用する様子

人間の裸眼での二点識別域は0.2mmが限界と言われています。根管治療など高度な治療においてはミクロン単位の正確さが要求されます。手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用することにより肉眼の3~20倍に拡大した視野で、より正確な作業が可能となり、治療の精度を格段に向上させることができます。

マイクロスコープは、1950年代に脳神経外科、その後産婦人科、心臓外科でも使用されるようになりました。1990年代には歯科でも有効性が認知されるようになりましたが、日本での普及はまだまだ一般的ではなく、現在でも、全国の歯科医院でマイクロスコープが設置されている医院は、いまだ2~3%というのが現状だそうです。

当院では2003年からマイクロスコープを導入して診療にあたってきました。特に根管治療にマイクロスコープは威力を発揮します。肉眼では到底見えないものを見えるようにすることで治療の精度が格段に上がります。

歯科用コーンビーム CT

歯科用コーンビーム CT

歯科用コーンビーム CT (X-ERA MF)は一般の医科用CTと違い、歯・顎・顔面用に最適化された CT です。低線量X線とコンピュータを使用することで特に顔面領域を精度の高い3次元の断層画像で見ることが可能になりました。この画像を用いて神経の位置や歯槽骨の形態、埋伏智歯の位置、副鼻腔の状態、血管等の位置、歯根の状態までも確認が可能になりました。CT撮影を行うことでインプラント治療を含め様々な治療への応用範囲が広くなります。特にインプラント治療など歯槽骨の状態を詳細に把握して埋入方向や長さを術前に決定することで、より安全に正確に施術するための一助になります。

TIME & ACCESS

診療時間

【火~金】

9:30~13:30 / 15:00~19:00

【 土 】

9:30~13:00 / 14:00~17:30

住 所

静岡県熱海市福道町3-15ウェルネスビル 3F

JR伊東線 来の宮駅前

詳細を見る