審美歯科

虫歯治療のために詰めた金属や前歯に詰めたプラスティックの色の黄ばみなど、変色した詰めものの改善はもちろん、歯のねじれや欠損歯、歯のすき間の治療、複数歯がからむ歯並びの治療、黒ずんだ歯ぐきの改善(ピーリング)等、審美目的で行う治療分野を審美歯科と呼んでいます。
当院では患者さま一人一人のお悩みに添った審美歯科治療をご提供します。

ピーリング

黒ずんでしまった歯ぐきを元の健康的なピンク色に戻す治療をガムピーリングといい、薬剤を歯ぐきに塗布する方法「ケミカルガムピーリング」を行っております。黒ずみの程度により個人差はありますが1~2週間ほどで元のキレイなピンク色の歯ぐきに変わります。

審美歯科材料 各種

1)メタルボンド(金属焼き付け鋳造冠)

メタルボンドとは、金属の表面にセラミックスを焼き付けた被せものです。外から見える部分は、セラミックスで覆われるため、見た目が良く変色もせず強度も強いため、最も代表的な審美修復の1つとして幅広く使用されています。

2)オールセラミッククラウン

オールセラミック冠は、金属を使用せず冠全体がセラミックで出来ている被せものです。非常に微妙な色調も再現でき、光を透過させるため天然の歯と変わらぬ審美性を持ちます。見た目が良く変色もしないのですが、強度的に多数歯の連結や多数歯のブリッジには不向きであること、歯を削る量が比較的多いことなどが考えられます。

3)ジルコニア

人工ダイヤモンドの素材にもなるジルコニアを用いた、詰めもの・被せものです。自然な白さと透明感を再現できる大変美しい素材であり、金属アレルギーの心配も不要です。しかしながら、ジルコニアは非常に硬い素材ゆえに、咬み合う歯を傷める原因となることもあります。また咬み合わせの調整も困難なため、適応範囲が限られる材料です。

4)ハイブリッドセラミック

70%の無機ガラス(超微粒子フィラー)と30%の有機ガラス(高密度架橋活性材料)の細かい粒子から出来ていて、レジン素材(合成樹脂)とセラミックスの中間の素材で作られた、詰めもの・被せものです。審美性、強度、耐久性はセラミックに劣りますが、適度な軟性を持つため、咬み合う歯を傷めないというメリットがあります。

5)e-max(セラミックインレー)

ニケイ酸リチウムガラスを主成分にしたセラミック素材。曲げ強度が高いため、耐久性に優れた美しい詰めもの・被せものを作ることができます。また、金属アレルギーの心配もありません。奥歯の詰めものとしては金属に代わる最適な審美材料と考えられます。

TIME & ACCESS

診療時間

【火~金】

9:30~13:30 / 15:00~19:00

【 土 】

9:30~13:00 / 14:00~17:30

住 所

静岡県熱海市福道町3-15ウェルネスビル 3F

JR伊東線 来の宮駅前

詳細を見る