インプラント

メインテナンスのイメージ画像

虫歯や歯周病、あるいは事故など、様々な要因により人は歯を失います。場合によっては上顎や下顎の全部の歯がなくなってしまうこともあります。
インプラント療法とは、「入れ歯」のような装着の違和感や「ブリッジ」のように他の歯を傷つけることなく、歯を失った部分のみを補う治療法のひとつです。失ってしまった歯の部分の顎の骨の中にチタン製のネジを埋めこみ、その上に人工の歯をつけて機能的かつ審美的に咬み合わせを回復する画期的な治療法です。

当院では信頼性の高い「ブローネマルクインプラント」を使用しております

1962年、スウェーデンの整形外科医であるペル・イングヴァール・ブローネマルク博士は、微小循環の基礎研究の過程で使用していたチタン器具と骨組織とが直接密着して結合することを偶然発見しました。(博士はこの現象をオッセオインテグレイションと名付けた)
その後、数年間の綿密な基礎実験と動物実験を重ねた末、1965年に初めて人工歯根として臨床応用を始めました。現在、最も臨床成績が長く信頼性の高いインプラントとしてブローネマルクインプラントは世界中の国々で数千万人の患者さんに使用されてきました。その結果、医科の分野でも心臓のペースメーカーや人工関節などの多くの分野で使用されるようになりました。

イエテボリでの研修 2002年、2007年 スウェーデン、イエテボリで。
左写真(右)は故ブローネマルク教授。

インプラント研修修了証 インプラント研修修了証

確実な施術

当院では、開業以来多くの患者さまにインプラント治療を行なって参りました。
インプラント治療は、チタンという金属を顎の骨の中に埋め込むという非常に繊細で高度な施術が求められます。従って、他の歯科治療と違い、出来うる限りの清潔な環境下で、非常に純度の高い高品質のチタンインプラントを使用することが必要となります。また、治療に要する時間も費用もかかる治療法だけに、各ステップごとにプロトコールを厳守して確実に治療が行われなくてはなりません。施術したすべての患者さまに、将来に渡ってインプラント治療を選択して本当に良かったと思っていただけるよう、日々心がけて治療にあたっております。

インプラント治療のステップ

  1. 診断と計画

    まず、インプラント治療が可能かどうか判断します。治療が可能なようであれば、その計画をご相談します。インプラント治療についての費用やご不明な点があれば十分に納得されるまで話し合います。
    CT撮影が必要な場合は、連携先の国際医療福祉大学放射線科にて撮影いたします。

  2. インプラント埋入

    局部麻酔を行い、あごの骨にチタン製のインプラントを埋入します。これが新しい歯の土台となります。 手術後、数日は腫れが残ることもありますが、痛みはほとんどありません。

    インプラント埋入イラスト

  3. 治療期間

    インプラントが埋入された後は、インプラントを歯肉で覆い、骨と一体化するのを待ちます。 通常、治癒までに3~6ヶ月かかります。
    その間、審美回復のために仮歯を入れることもあります。

    治療期間

  4. アバットメント連結

    インプラントが完全に顎骨と一体化した後、2回目の手術を行って、インプラント体にアバットメントという部品を取り付けます。

    アバットメント連結

  5. 仮歯を作る

    アバットメント取り付け後、プラスティックでできた仮の人工歯を作るための型をとります。人工歯が完成したら、インプラントに装着し、しばらく咬み合わせ等の様子をみます。

    仮歯を作る

  6. 最終補綴物を作る

    数ヶ月後、問題がなければ陶材や金属等で作る最終的な上部構造体を装着します。

  7. メインテナンス

    インプラント周囲炎を防ぐため、定期的にインプラントのチェックを行います。

メインテナンス

インプラント治療を受けられたすべての患者さまには、一生涯インプラントを使用していただくため、定期的なチェックとメインテナンスをお受けいただきますようお願いしております。

TIME & ACCESS

診療時間

【火~金】

9:30~13:30 / 15:00~19:00

【 土 】

9:30~13:00 / 14:00~17:30

住 所

静岡県熱海市福道町3-15ウェルネスビル 3F

JR伊東線 来の宮駅前

詳細を見る