歯周病

歯周病は、日本人が歯を失う最大の原因です。初期の歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんど出ない場合も多く、そのため気付くのが遅れ、歯科医院を受診した時にはすでに深刻な状態にまで病状が進行していることがよくあるというのが歯周病の恐ろしいところです。
("silent disease"と呼ばれるゆえんです)
歯周病は「歯肉炎」(歯茎が腫れて出血する状態)に始まり、さらに感染が歯を支える組織に及ぶと、歯が動きだし、歯と歯ぐきの間にスペース(歯周ポケット)ができ、排膿(膿が出る状態)が始まり、口臭の原因を引き起こします。この状態を専門的には「歯周炎」と呼んでいます。この状態を放っておくと、歯の支持組織は崩壊し歯は自然に脱落します。
歯周病(いわゆる歯槽膿漏症)とは歯に付着したプラーク(歯垢:細菌の塊)によって引き起こされる炎症を伴う感染症の一種です。

プラークとは

プラークは、歯に付着している黄白色の粘着性のある軟性付着物です。日々のブラッシングが不十分だと、口腔内にプラークが溜まっていき、プラーク内に増殖した歯周病菌が毒素を出し、歯ぐきが侵されることで歯周病は発症・進行します。また、プラークは「バイオフィルム」とも呼ばれ、歯に強固に付着しているだけではなく、様々な細菌が集合してバリアを形成します。これは、うがい薬やマウスウォッシュでは除去することができません。

歯周病治療について

歯周病治療

歯周病治療のターゲットは歯に付着したプラーク(バイオフィルム)及び歯石の除去にあります。歯周病は初期の歯肉炎とそれ以降の歯周炎に分けられ、歯肉炎か歯周炎かの区別はポケットの深さによって決まります。歯肉炎の状態では、歯科衛生士によるブラッシングなどのプラークコントロールによって正常で健康な状態に戻すことは十分に可能ですが、歯肉炎から歯周炎に移行すると専門的機器による治療が必要になります。また深い歯周ポケットでは時に外科的な処置が必要な場合も生じてきます。さらにプラークとともに歯石の除去も重要な処置です。歯石は唾液中のカルシウムなどが沈着し、石灰化して硬くなってしまったものを言い、歯石自体が直接、歯周病の原因になるわけではありません。しかし、歯石の表面はデコボコ・ザラザラしているため、表面上には必ずプラークが付着しています。そのため、結果として歯周病のリスクを高める要因になります。歯周病の発症・進行を抑えるためには、プラークとともに歯石を取り除くことも重要です。
一般的にスケーラーや超音波機器などを用いて、歯周ポケットの内部に溜まったプラークや歯石を取り除いていきますが、当院では、EMS社製の「エアフロー・マスター・ピエゾン」という最新の超音波機器を用いて除去します。この機器は、現存する機器のなかでもっとも歯肉への負担が少なくそれらを取り除くことが可能です。エアフロー・マスター・ピエゾンは、超微細なアミノ酸を高圧噴射することで、歯根表面にこびり付いたプラークを徹底して取り除くことができます。アミノ酸は非常に微細な粉末のため、無麻酔でも痛みを伴いません。また、アミノ酸自体、水分同様に人の体を構成する基本栄養素であるため、安全性も保証されています。

TIME & ACCESS

診療時間

【火~金】

9:30~13:30 / 15:00~19:00

【 土 】

9:30~13:00 / 14:00~17:30

住 所

静岡県熱海市福道町3-15ウェルネスビル 3F

JR伊東線 来の宮駅前

詳細を見る