矯正歯科

歯並びが悪いと、口元の形が悪くなったり、発音がしにくくなったりと、見かけの美しさを保てないばかりか、顎の成長にも影響を及ぼしかねません。また、歯磨きが上手に出来ないことで虫歯や歯槽膿漏になりやすいという問題を引き起こします。矯正治療は、子供だけでなく、大人でも行うことができます。歯と歯を支える歯周組織が健康であれば基本的に矯正治療に年令制限はありません。

矯正治療相談は無料で行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。

矯正装置について

1)ブラケット

ブラケットは、歯に取り付けられる代表的な装置であり、歯を動かしていく上で非常に重要な装置です。とても小さな部品ではありますが、この中に歯を動かすための多くの情報が組み込まれています。したがって質の良いブラケットを選ぶことが矯正治療の第一歩です。一般的には金属製のものが多いのですが、当院ではセラミック製のブラケットを使用しております。セラミックブラケットは、目立たない白色で審美的に優れ、耐磨耗性と耐変色性を備えている品質のものです。

ブラケット

2)ワイヤー

ワイヤーは、ブラケットとともに矯正治療に必要な重要パーツです。
主に使用されるワイヤーは、ニッケルチタンと呼ばれる形状記憶合金で作られている特殊なワイヤーとステンレススチールワイヤーです。ニッケルチタンワイヤーは形状記憶合金という性質を利用して効率よく歯を移動していきます。サイズと断面形態の違う数種類のニッケルチタンワイヤーとステンレススチールワイヤーが、ブラケットにはめ込まれることで、術者の意図どおりに歯が移動します。

3)その他の装置

その他にはオープンコイル、パワーチェーン、顎間ゴムなど、必要に応じて様々な矯正用の材料や装置を用いて効率良く歯を動かしていきます。

矯正期間について

矯正期間は、患者さまの症状によって違います。2~3年くらいが一般的ですが、3年以上治療にかかる患者さまもいます。中高生の患者さまは成人に比べると、歯の動きが早いので治療期間は比較的短くなることが多いようです。また、矯正治療期間が終了した後も、後戻りを防ぐためのリテーナーという装着をつける期間があります。

矯正費用について

矯正治療を大きく2つに分けると、上下の歯すべてを動かす「本格矯正治療」、部分的な歯の移動にとどめる「限局矯正治療」とがあります。使用する装置、期間によっても費用が違ってきますので、細かい内容については治療相談の上、決めさせていただきます。

代表的な歯列不正について

『反対咬合』(はんたいこうごう)

『反対咬合』(はんたいこうごう)

反対咬合とは、俗に“うけ口”といわれるように、下の前歯が上の前歯より前方にでている状態をいいます。
これは、噛み癖によるもの、歯の位置や傾きの異常によって起こっているもの、上顎骨または下顎骨の位置異常や大きさの不調和によって起こっているものなどが考えられます。

『上顎前突』(じょうがくぜんとつ)

『上顎前突』(じょうがくぜんとつ)

上顎前突とは、俗に“でっ歯”といわれるように、上の前歯や上あご(上顎骨)が、前方に突出している状態をいいます。これは、歯の位置や傾きの異常によって起こっているもの、上顎骨または下顎骨の位置異常や大きさの不調和によって起こっているものなどが考えられます。

『叢生』(そうせい)

『叢生』(そうせい)

叢生とは、いわゆる“乱ぐい歯”です。
歯が転位や捻転(回転)を起こし重なり合っている状態、いいかえれば、個々の歯の位置異常が起こり、歯がでこぼこに生えている状態です。
歯磨きの際、磨き残しが多くなり虫歯になりやすくなります。

『開咬』(かいこう)

『開咬』(かいこう)

開咬とは、上下の歯をかみ合わせたとき、前歯や横の歯の間に隙間があいていて、かむことのできない状態です。これは、指しゃぶりや舌の癖などの悪習癖や、鼻疾患による口呼吸などが原因で生じることがあります。正しい発音がしにくい場合もあり、食べ物を前歯で噛めなくなります。

※他にも、『過蓋咬合』と呼ばれる、前歯のかみ合わせが著しく深い噛みあわせや、『空隙歯列』と呼ばれる歯と歯のあいだに隙間があいている状態、いわゆる“すきっ歯”などの不正歯列があります。

矯正治療の流れについて

初診
矯正治療の流れを説明し、矯正方法や費用などについても簡単に説明いたします。
精密検査
レントゲン写真、口腔内写真撮影、歯型の作製、噛み合わせ等の検査をもとにコンピュータによる解析を おこないます。
治療計画の相談
上記の検査結果により、再度正確な治療方法・費用・期間などについて詳しく説明します。
治療
治療計画について十分にご納得して頂ければ、治療を開始します。矯正装置には取り外せる装置と固定装置などがあります。装置は歯並びが正しくなった後に取り外しますが、まわりの骨が落ち着くまで保定装置(リテーナー)という取りはずしのできる装置の使用が必要です。
保定
全体的な歯の移動が終了すると、歯の「後戻り」を予防し、咬み合わせの安定を図るためにリテーナーと呼ばれる装置を使いはじめます。

※分析の結果、特に外科手術をしなければ解決しないような方や、受け口、開口といった治療の難易度の高い方は信頼できる矯正専門医を御紹介いたします。
渡辺矯正歯科

TIME & ACCESS

診療時間

【火~金】

9:30~13:30 / 15:00~19:00

【 土 】

9:30~13:00 / 14:00~17:30

住 所

静岡県熱海市福道町3-15ウェルネスビル 3F

JR伊東線 来の宮駅前

詳細を見る